業務用アロマディフューザー | アロマオイル | アロマ空間デザイン

 

アロマ空間概念図

香りマーケティング

五感ブランディングの中で視覚の次に重要と言われている嗅覚。香りを空間に芳香することにより、顧客や消費者の記憶に残るメッセージ性を提供し、ブランド価値の向上を図ります。五感に関する遺伝子の数は嗅覚が一番多く、嗅覚は五感の中で唯一直接的に大脳辺縁系に働きかけ感情やその時の感動をシーンと共に記憶に刻み、再び同じ香りを香った時に想起させる効果があると言われています。

 

情緒的な香りのアプローチは記憶と行動を促し、香りを感じる脳の働きは消費行動の脳の働きをする場所と近いことがわかっています。良い香りは瞬時に人の感情をプラスに、心地よい香りはゲストの滞在時間を延ばし、顧客との間の円滑なコミュニケーションの構築に役立ちます。また、ストレスの緩和など癒し効果をもたらしてくれます。

香りは、五感を活用した総合的なアプローチの中でお客様と顧客を繋ぐだけでなく、不快なにおいの軽減などの環境改善や大脳辺縁系に直接働きかけ、優れた癒し効果、ストレス緩和効果をもたらします。


香りの脳への伝達と優れた機能性

エッセンシャルオイルは、「リラックス作用」や「リフレッシュ作用」、「抗菌・殺菌・抗ウイルス作用」、「免疫賦活作用」、「抗うつ作用」、「認知症予防」、「記憶力向上作用」、「空気清浄作用」など様々な優れた効果効能があります。
また、香りを嗅いで懐かしい記憶が蘇るのは「プルースト効果」と言われ、過去の記憶を香りによって鮮明に蘇らせることが出来るのは嗅覚ならではの特徴です。香りが脳へ伝達される際、本能領域と言われる大脳辺縁系にある記憶を司る海馬や感情領域である扁桃体に影響を与えるからと言われています。
嗅覚による香りの伝達は、五感の中で唯一本能領域に直接的に届き、行動、記憶、情動、知的プロセスに影響を与え、記憶を思い出させたり自律神経に働きかけストレスを緩和させたり情緒的な感情に影響を与える等、優れた効果を発揮します。

アロマテラピーとは

アロマテラピー

アロマテラピーとは、100%天然の植物から抽出されたエッセンシャルオイルを使って、心と身体を健康にするという芳香療法です。
アロマテラピーの始まりは、19世紀ヨーロッパでルネモーリスガットフォセというフランス人科学者が手に火傷を負った際、側に置いてあったラベンダー水に手を付けたところ、傷が治癒したことからラベンダーの持つ効果、効能に着目した研究が行われたことが始まりと言われています。

アロマテラピーの期待できる効果

リフレッシュ・リラックス・抗菌・抗ウイルス・抗真菌・殺菌・免疫賦活・多幸・ホルモンバランス調整・抗うつ・消臭・空気感染予防・集中力・学習効率向上・健胃・代謝促進・抗ストレス・認知症予防

エッセンシャルオイルとは ~ 100%天然植物の芳香成分

植物の花、果皮、葉、樹脂、根、種子、心材などから抽出された100%天然の芳香物質の事を言い、数十~数百種の天然成分で構成されています。

ラベンダー  ローズ カモミール pixta_12029808_Spixta_10767077_S

アロマの可能性

おもてなし・ブランディング・コミュニケーション向上・イメージアップ・空気環境改善

PAGE TOP ▲

PAGE TOP ▲